高齢者の住むお部屋を片付ける時のコツ

高齢者の家は住んでいる方の体力などの問題から、どうしても荷物が多くなりがちになってしまいます。
例えばそんな親と一緒に片付けをするとなった時、親の気持ちを尊重した上で、しっかりとコミュニケーションを取りつつ作業を行わなければなりません。
子供から見たら不要な物であっても、親にとっては大切な物かもしれませんので、「そんな物捨てちゃいなよ」と言うようなこともやめましょう。

また体力的な面、集中力が続く時間を考えても、まず最初の3時間程度を集中して行なうようにしましょう。
この3時間で「今後使うか・使わないか」で要るものと要らない物を判断します。
ここで気をつけるのは、「使える・使えない」で判断してはいけないということ、また使うか使わないかで悩んだら、「思い出か・思い出の物でないか」で判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事