子供が自然と片付ける仕組みを作ろう

小さい子どもに整理整頓を学ばせるためには、親が無理やり行わせるのではなく、子どもが自主的に片付けを行いたくなるような環境づくりも大切なのです。

遊んだ後に、子どもが部屋を散らかしっぱなしにしてしまい、親はイライラしたという経験のある方も多いかもしれませんが、怒って片付けを指示しても、なかなか子どもは言うことを聞いてくれないものです。

子どもは片付ける場所さえ覚えていれば、自分で出した物を自分で片付けるという約束をさせて習慣づけすることにより、遊びと同じ感覚で片付けを身につけることができるのです。

特に2歳児の子どもは「何でも自分でやりたがる」ので、子どもが一人で片付けができる空間作りをして、子どもとのコミュニケーションを楽しみながら整理整頓を学ばせていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事