遺品整理、特殊清掃士の役割

孤独死や自死などの現場では、遺族や管理人の代わりに遺品整理業者や特殊清掃業者が作業を行いますが、現代社会の闇の中でどのようなことをしているのか知っていますか?

作業を行う前に、必ず故人様へのご冥福をお祈りしてから始めますが、住宅によってはゴミ屋敷のように散らかっていたり、悲惨な現場もあり、真夏は特に臭いやゴミの発酵が酷いのだそうです。

孤独死の場合には、床が腐敗していたり、現代社会の様々な要因により命を落とした人のお部屋にて、消臭や原状回復作業を行っているのです。

リフォームを行う必要があるくらい強烈なケースでも、積み重ねてきたノウハウにより、消臭に成功したことで、リフォーム費を削減することに繋がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事