用意しておきたい生前遺影

生前遺影とは、自分が葬儀に使用する写真を予め用意しておくことで、終活の一環でもあります。
どうしても遺影を用意しておくとなると、「まだ早い」「縁起でもない」「不謹慎」とマイナスなイメージがついてしまいますが、いざという時に自分らしく想いを伝えるのには、ちゃんと準備した遺影が大いに役立つのです。

遺影は遺された家族が毎日見る物にもなりますので、ちゃんと想いのこもった物が用意出来ていれば、より思い出を鮮明に思い出してもらえます。
近年では遺影の形式もガラリと変わり、静粛なものよりも故人らしさを感じられる遺影が人気となってきていますから、「毎日遺影を見て笑って欲しい」と感じている人ほど、このような準備が必要と言えるでしょう。

いつ何があるか分からない現代だからこそ、遺影の準備も早すぎるという事はありません。

遺品整理サービス・推薦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る